高卒でIT関係に就職への不安はあるか

「IT関係の仕事につきたい」もしくは「現在働いている」という人の中で、大学や専門学校に進学せずに高校を卒業したら「そのまま就職をしたい」もしくは「既に仕事をしている」という人もいるでしょう。学歴という観点でのみ見てしまえば大卒よりも劣ることになりますが、実際に高卒で働くことの不安やデメリットには何かあるのでしょうか。まず実際に働いている人は、現在の仕事への就職は特に問題がなかったといえます。プログラマやクリエイターは仕事ができるできないというのは個人のスキルへの属人性が非常に高いので、たとえ専門的な勉強をしていなくても、また大学を出ていなくても自分のスキルが高ければ特に問題はありません。
ただSEなどで働くときは多くの人を束ねたりコミュニケーション力が必要なこともあるので、基礎学力が高い傾向にある大卒が重視されることもあります。ですから職場の幅が狭まる不安は生まれがちです。ただこれも現場の経験を積むことでカバーは十分に可能です。一方で高卒で就職したいという人は、まず即戦力として働けるかが重要視されます。どうしても人生経験の分だけ4年間大卒よりは不利になるのは否めませんのでこの面の不安は生まれるものです。もしくは高卒後しばらくフリーターとして働き、その後正社員を狙うという時には大卒資格の必要な企業では不可能や困難なケースが多いです。しかしクリエイティブな仕事を請け負ったり、下請けでプログラミングを行うような会社ならスキルが有れば問題はありません。そのような会社で経験を積めば転職で大きな会社を狙うこともできますし、実力があればフリーランスでも食べていけます。

このページの上へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です