仕事

高卒での就職は不利なのか

現在は誰もが大学進学、卒業が当たり前の風潮となっていて、それによって弊害も出てきています。その中のひとつが高卒で就職をする場合で、昔からの悪しき風習のひとつが大学卒業と高校卒業では初任給に差が出ることで、社会人としてはどちらも一年生に違いはないのに、そういった面で最初から差がつけられてしまうのです。それゆえ特に学びたいことがなくとも大学に進学する人は多く、そうなってくると経済的な事情で進学が叶わなかった人間としては最初から差があって、それを埋めるのは並大抵の努力では不可能で、ジレンマを抱えてしまうことになるのです。
しかしながら世の中には少しでも早くから仕事に就いた方がいいものもあって、それが手に職をつけるもの、技術職になります。特に伝統工芸などは大卒や高卒といった差はまずなく、すべては本人の努力やセンスにかかってくるので平等と言えるかもしれません。他にもIT関係などは学業とは別のセンスが必要となってきますので、場合によっては大卒ではなくとも十分対等に競っていけることもあるのです。ただどれも本人の努力や頑張りといったものが必要となってくるので、誰でも可能というわけではないのですが、それでもスタートラインが同じであることは続けていくモチベーションに繋がっていくでしょう。そういった意味で高卒で就職を考える場合は給料や仕事内容の他に、別の面をチェックすることも大切になってきて、最初から差がないところを見つけることも大切になります。